コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半瓦当 はんがとうban wa-dan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

半瓦当
はんがとう
ban wa-dan

中国,戦国時代に使用された半円形の瓦当をつけた軒先瓦。戦国時代の半瓦当として知られるものは,,斉,魯,薛,趙の5ヵ国にわたり,最も古い形式と考えられるものは燕の半瓦当で,燕から各国に波及したものと考えられる。燕の半瓦当には饕餮文 (とうてつもん) ,凸字様文,雙獣文を施したものがあり,また,斉のものには樹木,人物,馬,蕨手状樹木を表現したものが多い。漢代にも蕨手文や朱雀などを描いた半瓦当があるが,円形の瓦当が一般化する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の半瓦当の言及

【瓦当】より

…陝西省鳳翔県の秦都雍城で発見された瓦当はこの時期に属する。それは瓦当を丸瓦部にそろえて半円形にする半瓦当であり,文様をまったく欠くものと,瓦当を3区の円弧に分け,縄蓆文と磨消部分とに分ける簡単な装飾をほどこしたものとがある。 半瓦当は,秦のみならず戦国時代の各地の名城で発見され,饕餮(とうてつ)文・動物文・蕨手(わらびで)文を主とする幾何学文などで美しく飾られ,前漢時代初期まで存続している。…

【瓦】より

…円形瓦当は,秦・漢時代から行われるようになったと考えられる。秦始皇帝陵内の建物遺構から円形瓦当が,前漢時代の天津西漢墓から半瓦当が出土しており,このころがちょうど半瓦当から円瓦当への過渡期であったと推定される。瓦当面に飾られる文様は,半瓦当では饕餮(とうてつ)文,動物文,樹木文などが主体であり,秦・漢円形瓦当では瓦当面を4等分して吉祥の文字を飾ったり,蕨手(わらびて)文を飾ったりする。…

※「半瓦当」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

半瓦当の関連キーワード臨【し】古城址臨淄遺跡牧羊城

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android