半透明鏡(読み)ハントウメイキョウ

精選版 日本国語大辞典の解説

はんとうめい‐きょう ‥キャウ【半透明鏡】

〘名〙 通常のが、厚く銀めっきを施し、光の反射率は一〇〇パーセント、透過率はゼロとするのに対して、銀めっきを薄くし、かなりの反射率を残したまま透かして見えるように製した鏡をいう。明るい側から見れば鏡、暗い側から見れば明るい側が透けて見える。距離計、顕微鏡その他に用いられる。めっきには、銀のほか、金、アルミニウムなどでもつくることができる。魔法鏡。ハーフミラー。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の半透明鏡の言及

【マジックミラー】より

…英語でmagic mirrorといえば未来のことや遠くの情景を映す魔法の鏡という意味であり,また,光を壁などに反射させたとき鏡の裏の彫刻に似た模様が現れる,いわゆる魔鏡を指す場合もある。しかし日本では,明るい側からは反射して透視できず,暗い側からは透視できる鏡,すなわち半透鏡(半透明鏡,ハーフミラーhalf mirrorともいう)の俗称としてこのことばが使われている。鏡は一般にガラスの表面あるいは裏面に反射用の金属膜(反射膜)を塗布して作られるが,半透鏡はこの反射膜を薄くして裏側にもガラスを合わせたもので,光の一部を透過し一部を反射する。…

※「半透明鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android