コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卑属殺 ひぞくさつ

百科事典マイペディアの解説

卑属殺【ひぞくさつ】

自己の卑属(子,孫など)を殺す罪。尊属殺に対する。子に対する両親の養育義務を重んじるキリスト教文化圏などにおいては,一般の殺人罪に比べて刑を加重する場合がある(1889年のイタリア刑法典など)。
→関連項目殺人罪

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android