卑属(読み)ひぞく

百科事典マイペディアの解説

卑属【ひぞく】

ある人を基準として,血縁関係においてその者に後続する世代にある者。尊属に対する語。子,孫などの直系卑属と甥(おい),姪(めい)などの傍系卑属とがあり,民法は前者につき相続に関する規定を置く。→卑属殺
→関連項目親族直系卑属傍系卑属

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ひぞく【卑属】

親等の上で、基準となる人よりあとの世代の血族。子・孫・曽孫ひまごなど直系卑属と、甥おい・姪めいなど傍系卑属に分けられる。 ⇔ 尊属

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の卑属の言及

【尊属・卑属】より

…たとえば父母・祖父母などを直系尊属,おじ・おばなどを傍系尊属という。卑属とは自分より後の世代に属する直系および傍系の血族である。たとえば,子・孫などを直系卑属,おい・めいなどを傍系卑属という。…

※「卑属」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android