コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

協力筋 きょうりょくきん synergist

2件 の用語解説(協力筋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

協力筋
きょうりょくきん
synergist

異なる筋肉が同一の運動のために協力して働く場合,それらを互いに協力筋と呼ぶ。拮抗筋の対語。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

協力筋【きょうりょくきん】

同一関節運動の屈筋群または伸筋群のように,協力して同じ作用をする筋。拮抗(きっこう)筋の対。たとえば下腿(かたい)三頭筋の腓腹(ひふく)筋とひらめ筋
→関連項目筋肉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

協力筋の関連キーワード拮抗筋屈筋伸筋分節運動関節円板ブルギニョンの法則ハムストリング筋群(大腿屈筋群)断裂固有胸筋群屈筋 (flexor)橈骨神経麻痺 (radial nerve paralysis)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone