コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対語 タイゴ

デジタル大辞泉の解説

たい‐ご【対語】

向かい合って話をすること。
意味の上で対立・反対、または対照的な語。「白⇔黒」「積極⇔消極」「上⇔下」「長い⇔短い」「和⇔洋」など。対義語。ついご。
熟語で相対する事物からなるもの。「男女」「干満」「日月」「和漢」など。ついご。
一つ一つ単語に対応していること。

つい‐ご【対語】

たいご(対語)23

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいご【対語】

漢語の熟語で、相対する概念の語を並べたもの。「夫婦」「開閉」「曲直」など。
対義語たいぎご」に同じ。
向かい合って話すこと。対談。

ついご【対語】

対語たいご」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の対語の言及

【反義語】より

…〈行く〉と〈来る〉のような反対の意味をもった対語(対義語)antonymのこと。これにはいくつかの種類が考えられる。…

※「対語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

対語の関連キーワード弱拍 [after beat , off beat]ブロックコード [block code]拡大 [augmentation ]mini communication分散和音[arpeggio(伊)]不協和音 [dissonance]B縮小 [diminution]プールバ・ミーマーンサーソリ[soli(伊)]グローバルスタンダードケト原性アミノ酸リーディング鎖コールドシールドライシステム甘性クリーム地上デンプン生得的行動体液性免疫ラギング鎖

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

対語の関連情報