対語(読み)タイゴ

デジタル大辞泉の解説

たい‐ご【対語】

向かい合って話をすること。
意味の上で対立・反対、または対照的な語。「白⇔黒」「積極⇔消極」「上⇔下」「長い⇔短い」「和⇔洋」など。対義語。ついご。
熟語で相対する事物からなるもの。「男女」「干満」「日月」「和漢」など。ついご。
一つ一つ単語に対応していること。

つい‐ご【対語】

たいご(対語)23

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいご【対語】

漢語の熟語で、相対する概念の語を並べたもの。「夫婦」「開閉」「曲直」など。
対義語たいぎご」に同じ。
向かい合って話すこと。対談。

ついご【対語】

対語たいご」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐ご【対語】

〘名〙
① 向かい合って話すこと。
※俳諧・芭蕉翁追善之日記(1694)「直に枕にめされて、対語して退きぬ」
② 対(つい)になっていることば。内容上で、対立するもの(白い・黒い、男・女)、反対のもの(行く・帰る、上・下)、その他対照的なもの(雲・泥、和・洋)、同類で常に対比並列されるもの(桃・李、花・鳥)など。
※長短抄(1390頃)「対(タイ)語は此道に秘する物なり。其故は歌連歌、上下の詞を対する様を知らずば句にあらず」
熟語で、相対する概念の複合からなるもの。(夫婦、紅白、進退、あげさげ、あさばんなど)。

つい‐ご【対語】

〘名〙 対(つい)になっていることば。→たいご
※西京繁昌記(1877)〈増山守正〉初「虚実表裏の対語を以て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の対語の言及

【反義語】より

…〈行く〉と〈来る〉のような反対の意味をもった対語(対義語)antonymのこと。これにはいくつかの種類が考えられる。…

※「対語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

対語の関連情報