コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南京玉すだれ なんきんたますだれ

日本文化いろは事典の解説

南京玉すだれ

「アさて、アさて、さては南京王すだれ…」といった独特なしゃべり方と軽快なりズムに乗って、竹製の専用のすだれを釣竿や橋などの形に見立てて操る大道芸です。大道芸の中では一般に広く知られている芸の一つで、女性の間でもこの芸をやる人が増えてきています。

出典|シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について | 情報

南京玉すだれの関連キーワード翁家 さん馬(10代目)露のききょう山﨑千惠子笑福亭枝鶴加藤幸司西野七海窪田弘和上野秀年松坂晴恵

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南京玉すだれの関連情報