釣竿(読み)つりざお(英語表記)fishing rod

翻訳|fishing rod

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「釣竿」の解説

釣竿
つりざお
fishing rod

釣りに用いる竿。古くは一般に竹が用いられ,欧米などでは,サワグルミ (沢胡桃) ,スネークウッドトネリコなどの木や,さらには金属も用いられた。第2次世界大戦後,グラスファイバが実用化されてからはこれを材料とするグラスロッドが急速に普及し,1971年にはさらに軽量化したカーボンファイバのカーボンロッドが登場した。延べ竿 (1本竿) ,継ぎ竿,振出し竿,さらにはリールからの糸の通し方によって中通し竿,外通し竿などに類別されるが,対象魚の種類や釣りの方法によってもそれぞれ違ったものが用いられるので,その種類はきわめて多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「釣竿」の解説

つり‐ざお ‥ざを【釣竿】

〘名〙 魚を釣るのに用いる竹、または炭素・ガラス繊維製の竿。切り継ぎのない延竿と、必要に応じて継ぎ合わせる継竿とがある。ロッド。
※兵範記‐仁平二年(1152)一〇月一二日「釣棹懸帷十八領」

ちょう‐かん テウ‥【釣竿】

〘名〙 つりざお。
※宝覚真空禅師録(1346)乾・山城州東山建仁禅寺語録「一場敗闕無収殺、却倩傍人釣竿」 〔杜甫‐送孔巣父謝病帰遊江東兼呈李白詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android