南亭葉々広(読み)なんてい はばひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南亭葉々広 なんてい-はばひろ

?-? 江戸時代後期の狂歌師。
江戸市ケ谷にすむ。朱楽菅江(あけら-かんこう)社中に属し,東夷庵古渡(とういあん-ことう),西来居未仏(さいらいきょ-みぶつ),北斗庵一樹(ほくとあん-いちじゅ)とともに山手東西南北四判者と称された。姓は古川。編著に「狂歌六歌仙」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android