社中(読み)シャチュウ

大辞林 第三版の解説

しゃちゅう【社中】

会社の中。
詩歌・邦楽などで同門の仲間。また、同じ結社の仲間。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃ‐ちゅう【社中】

〘名〙
① 神社の境内。社(やしろ)の内。
※筑紫道記(1480)「これも社中神さびて、木深き松の響き身に染み、言ふ由なし」
詩歌、邦楽などの同門。連中。
※玉塵抄(1563)二八「応仁乱前社中衆なり慈照相信重あり」
※随筆・孔雀楼筆記(1768)二「予が仲氏は門人にてはなけれども、出席せらる。〈略〉『社中言合せ必ず参詣し玉へ』」 〔呉師道‐李龍眠蓮社図詩〕
組合結社などの仲間。
※本福寺跡書(1560頃)「堅田にも浦々より河役をとりて、社中に食ごとあり」
④ 会社の内。社内
※朝野新聞‐明治七年(1874)一二月二〇日「商社社中の者かい取候趣」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社中の関連情報