コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西来居未仏 さいらいきょ みぶつ

美術人名辞典の解説

西来居未仏

初号瓢箪園・一寸法師。通称毛受照寛、名は善喜。尾張藩医官。五側判者にして後瓢箪連に長たり。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西来居未仏 さいらいきょ-みぶつ

?-1831 江戸時代後期の狂歌師。
尾張(おわり)名古屋藩の医師。江戸市ケ谷にすむ。五側の判者で石川雅望(まさもち)の門下。戯作(げさく)もかき,作品に「忠臣合鏡」(文政12年刊)などがある。天保2年4月16日死去。四十余歳。姓は毛受(めんじゅ)。名は善喜,照寛。別号に一寸法師,瓢箪園。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

西来居未仏の関連キーワード北斗庵一樹(初代)南亭葉々広東夷庵古渡法昌庵谷住能楽斎牛貫竜門堂音成夕月張弓鶴亀長年狂歌師

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android