南条 秀雄(読み)ナンジョウ ヒデオ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

南条 秀雄
ナンジョウ ヒデオ


職業
能楽師(観世流シテ方)

資格
重要無形文化財総合指定保持者

本名
奥村 秀雄(オクムラ ヒデオ)

生年月日
大正10年 6月16日

出身地
神奈川県 横浜市

経歴
父は観世流太鼓方。昭和5年先代梅若万三郎に入門。戦後関西に移り、梅若猶義、先代観世喜之に師事。8年にシテ方としての初舞台を踏み、16年初シテ方を務める。玉鑾会、散る花の会を主宰した。

没年月日
昭和60年 11月10日 (1985年)

家族
妻=奥村 富久子(能楽師)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android