初舞台(読み)ハツブタイ

デジタル大辞泉の解説

はつ‐ぶたい【初舞台】

俳優として初めて舞台に出て演技すること。また、その舞台。「初舞台を踏む」
初めて公式の物事を行うこと。また、その場。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はつぶたい【初舞台】

役者などが初めて舞台に上がり、観衆の前で演技などをすること。 「 -を踏む」
自分の存在を初めて広く知らせるような、晴れの場。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初舞台の関連情報