初舞台(読み)ハツブタイ

デジタル大辞泉の解説

俳優として初めて舞台に出て演技すること。また、その舞台。「初舞台を踏む」
初めて公式物事を行うこと。また、その場。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

役者などが初めて舞台に上がり、観衆の前で演技などをすること。 -を踏む
自分の存在を初めて広く知らせるような、晴れの場。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 初めて舞台に出て演ずること。また、初めて公衆の前で事を行なうこと。
※評判記・難波の㒵は伊勢の白粉(1683頃)三「嶋川かたきさしなれや香之助いま初舞台名をとめてみる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初舞台の関連情報