初舞台(読み)ハツブタイ

デジタル大辞泉の解説

はつ‐ぶたい【初舞台】

俳優として初めて舞台に出て演技すること。また、その舞台。「初舞台を踏む」
初めて公式の物事を行うこと。また、その場。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はつぶたい【初舞台】

役者などが初めて舞台に上がり、観衆の前で演技などをすること。 「 -を踏む」
自分の存在を初めて広く知らせるような、晴れの場。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はつ‐ぶたい【初舞台】

〘名〙 初めて舞台に出て演ずること。また、初めて公衆の前で事を行なうこと。
※評判記・難波の㒵は伊勢の白粉(1683頃)三「嶋川かたきさしなれや香之助いま初舞台名をとめてみる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初舞台の関連情報