能楽師(読み)ノウガクシ

大辞林 第三版の解説

のうがくし【能楽師】

能楽を演ずる人。シテ方・ワキ方・狂言方・囃子方はやしかた(大鼓・小鼓・笛・太鼓)の別があり、それぞれが専門職として技芸を伝承している。能役者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

のうがく‐し【能楽師】

〘名〙 能楽を演ずることを職業とする人。能役者。能師。
※日本‐明治三八年(1905)二月二二日「其の芸事に関しては一歩も其主張を曲げざる不抜の信念は、今日の能楽師中、稀に見る処のもの」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の能楽師の言及

【能】より


【流派】
 各役籍の技法はいくつかの流れとなって伝承され,江戸時代になると,役籍別の流派制度として固定した。これは現在でも守られていて,能の専門家(能楽師)はかならずどれか一つの流派に所属している。現存する流派は表1のとおりである。…

※「能楽師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

能楽師の関連情報