コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能楽師 ノウガクシ

デジタル大辞泉の解説

のうがく‐し【能楽師】

職業として能楽を演じる人。能役者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のうがくし【能楽師】

能楽を演ずる人。シテ方・ワキ方・狂言方・囃子方はやしかた(大鼓・小鼓・笛・太鼓)の別があり、それぞれが専門職として技芸を伝承している。能役者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の能楽師の言及

【能】より


【流派】
 各役籍の技法はいくつかの流れとなって伝承され,江戸時代になると,役籍別の流派制度として固定した。これは現在でも守られていて,能の専門家(能楽師)はかならずどれか一つの流派に所属している。現存する流派は表1のとおりである。…

※「能楽師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

能楽師の関連キーワード片山 九郎右衛門(9代目)観世 銕之丞(7代目)山本 東次郎(3代目)梅若 六郎(55代目)梅若 万三郎(2代目)梅若 六郎(56代目)観世 銕之丞(6代目)観世 喜之(2代目)茂山 千作(3代目)梅若 万三郎(初代)梅若 実(2代目)女性能楽師の躍進金剛 巌(初代)清水 要之助片山 慶次郎丸山 登喜江友枝 喜久夫梅村 平史朗武田 小兵衛津村 紀三子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

能楽師の関連情報