コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南紀 ナンキ

大辞林 第三版の解説

なんき【南紀】

〔紀伊国の南部の意〕 和歌山県南部の地域。三重県の南端部を含む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県(三重県)〕南紀(なんき)


紀伊(きい)半島南部の地域をよぶ略称。和歌山県南部と三重県の熊野(くまの)地方を含む。南海道(なんかいどう)紀伊(きい)の略称で、古くは紀伊の別称として使われた。和歌山県の県内区分の一つ「紀南(きなん)」と混同されるが、南紀に含まれる和歌山県部分はより広い範囲に使われる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

南紀の関連キーワード和歌山県東牟婁郡那智勝浦町アドベンチャーワールド和歌山県東牟婁郡串本町和歌山県有田郡広川町南紀白浜 富田の水ビーチステーションとれとれヴィレッジ紀勢本線殺人事件勝浦[温泉]南紀徳川史白浜[町]南紀みかん峯尾 節堂椋平 広吉文久の改革日下部鳴鶴伊藤令恭徳川家定徳川頼宣長沢蘆雪

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南紀の関連情報