コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南西諸島海溝 ナンセイショトウカイコウ

4件 の用語解説(南西諸島海溝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なんせいしょとう‐かいこう〔ナンセイシヨタウ‐〕【南西諸島海溝】

南西諸島の東側に沿い、台湾東沖まで延びる海溝。最深部7460メートル琉球海溝

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南西諸島海溝
なんせいしょとうかいこう

琉球海溝」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南西諸島海溝
なんせいしょとうかいこう

南西諸島の東側の海底を、これにほぼ並行して走る海溝。琉球(りゅうきゅう)海溝ともいう。長さ約1350キロメートル、幅約60キロメートル、最深7460メートル(沖縄島東方沖)。北部は大東海嶺(かいれい)、九州・パラオ海嶺に遮られ断続的となるが、延長部に南海トラフがあり、南端は台湾中部沖に達する。[勝又 護]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南西諸島海溝の関連情報