コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海溝 かいこうoceanic trench

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海溝
かいこう
oceanic trench

長くて狭く,かつ大洋底よりも一段と深い海底の凹所。長さは数百kmから数千kmに及ぶ。大陸側は急斜面であるが,大洋側は緩斜面。ほとんどの海溝は 7000mより深い最深部をもつ。さらに幅が広く大陸側斜面の傾斜のゆるいものはトラフと呼ぶが,海溝との境界は漸移的である。海溝の分布は弧状列島の大洋側に沿うことが多く,近年は弧状列島に沿うものだけを海溝と呼ぶことが多い。したがって,海溝のほとんどは太平洋の周縁部に存在しその数は 20余,大西洋ではケーマン海溝プエルトリコ海溝サウスサンドウィッチ海溝,インド洋ではジャワ海溝などがある。海溝底は堆積物で平坦なことが多い。地質構造的には,海嶺,活火山帯,地震帯,重力異常帯に平行しており,その成因が構造性であることを示す。海溝から大陸へ向かって 30~60°の傾斜で深発地震面が広がる。海溝に沿って負の重力異常が現れる。プレートテクトニクス説では,海洋底のもぐり込むところとされる。(→深海底

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

海溝

海洋プレートが屈曲して斜めに沈み込む所に生じる細長い溝状の海底地形のうち、最深部の水深が6000mを超えるもの。断面はやや非対称のV字形で、底が陸に由来する堆積物に厚く覆われ、断面がU字形になる場合もある。世界最深部はマリアナ海溝南西端の水深1万911m。日本海溝(水深6366m)は東北日本の東沖約300kmにあり、最深部は鹿嶋市東方で水深8020m。平均勾配が4度以下の海側斜面の途中に、多くは海溝にほぼ平行に走る溝と高まりが多数存在するが、これは海底プレートの折れ曲がりで生じた張力による断層群によって作られた地形。陸側斜面に見られる平坦面は、構造的な高まりの間を堆積物が埋めたもの。

(小林和男 東京大学名誉教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

かい‐こう【海溝】

比較的急な斜面に囲まれた、細長い深海底の凹地。多くが深さ6000メートル以上を示し、長さは数百キロから数千キロに及ぶ。海洋プレートが沈み込む境界と考えられ、陸側は地震活動が活発。トレンチ(trench)。→トラフ
[補説]世界の主な海溝
海溝名最深部(m)
マリアナ海溝10920
トンガ海溝10800
フィリピン海溝10057
ケルマデック海溝10047
伊豆小笠原海溝9780
千島カムチャツカ海溝9550
北ニューヘブリディーズ海溝9175
ヤップ海溝8946
ニューブリテン海溝8940
プエルトリコ海溝8605
南サンドイッチ海溝8325
サンクリストバル海溝8322
チリ海溝8170
日本海溝8058
パラオ海溝8054
アリューシャン海溝7679
南ニューヘブリディーズ海溝7570
南西諸島海溝7460
ジャワ海溝7125
中米海溝6662
ペルー海溝6262
東メラネシア海溝6150

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

海溝【かいこう】

島弧または陸弧と大洋底の間の細長い溝状の海底地形で,最深部の水深が6000mを越えるもの。海底プレートが陸の下へ沈み込むために生じた地形と考えられている。したがって,沈み込み以外の原因でできた水深6000m以上の溝状の地形(たとえばトランスフォーム断層でできた断裂帯),沈み込みでできても水深が6000mより浅い地形(これを舟状海盆またはトラフという)は海溝とは呼ばない。
→関連項目海淵海底地形海洋太平洋島弧トラフ付加体

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

岩石学辞典の解説

海溝

大陸斜面と大洋底との境界付近にある細長い凹地で,深さ6 000m以上,長さ1 000~4 000km,幅100km程度のものが多い.海溝の両斜面は比較的急で,陸側の傾斜角は大洋側より大きい.地球上には27の海溝があり,大部分は太平洋の周辺部に分布している.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいこう【海溝 trench】

細長い溝状の海底地形で,最深部の水深が6000mを超えるものをいう。かつてはこのような地形のすべてを海溝とよんだが,近年はこのうち海底プレートが屈曲して陸の下へ斜めに沈み込んでいるために生じた地形だけを海溝とよぶ(〈海底地形〉の項目の図1参照)。 ほとんどの海溝は太平洋の周囲にある(図1)。地形の断面はやや非対称のV字形で,上縁の幅は100km以内である(図2)。大洋底から最深部までの深さは3~4kmあり,一般に年齢の古い海底に接する海溝ほど最深部も深い傾向がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かいこう【海溝】

海洋のプレートが沈み込む境界に沿って細長くくぼんだ溝状の海底。横断面は V 字形をなす。最深部の水深が6000メートル 以深のものをいう。日本海溝・マリアナ海溝など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海溝
かいこう

大陸斜面と大洋底との境界付近にある細長い凹地。深さ6000メートル以上、長さ1000~4000キロメートル、幅100キロメートル程度のものが多い。海溝の両斜面は比較的急で、陸側の傾斜角は大洋側より大きい。地球上には27の海溝があるが、大部分太平洋の周縁部に分布している。海溝の陸側には、日本列島のような弧状列島や、南アメリカ大陸のアンデスのような大山脈が並行しており、地形が険しく、地震や火山の活動が盛んな地域となっている。海洋底拡大説によれば、海溝は海洋プレートが大陸プレートの下に沈み込む所で、それに伴ってさまざまな変動活動を生じると考えられている。[勝又 護]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の海溝の言及

【海底地形】より

… 海穴hole海底の小さな凹み。 海溝trench長く狭くとくに非常に深くかつ非対称な海底の凹みで,比較的急峻な斜面を有する。 海谷valleysubmarine valley―比較的浅く幅広い凹みで,その底はふつう連続的な傾斜を示す。…

【塹壕】より

…陸上戦闘で敵の火砲や機関銃の射撃から兵員,兵器などを防護するため,大地に掘削した穴,または通路をいう。攻撃,防御いずれの場合も用いられるが,兵力が劣勢の場合,または時間をかせぐ防御の場合には必須の手段である。戦線が流動的でなく固着した場合は,敵味方双方で構築するので,第1次大戦の西部戦線のような塹壕戦となる。【近藤 新治】…

【発掘】より

…この種の広大な面積の発掘調査に対し,特定の問題解決のための情報入手を目的として,遺跡のなかの最適の部分で最小限の面積を対象に実施する発掘調査を部分発掘と呼ぶことがある。部分発掘では,対象地点に溝(トレンチtrench)状に掘削部を設定して発掘を進める,トレンチ発掘またはトレンチ調査と呼ぶ方法をとることが多い。 通常の遺跡では,発掘調査は表土の排土から始まり,遺構・遺物の検出へと進んでいく。…

【海】より

…陸地と海洋の割合は前者で49.0%:51.0%,後者で9.4%:90.6%となり,前者の陸半球には全陸地の約84%が含まれる。
[海の深さ]
 世界の海洋の深度は,平均約4000mであるが,世界で最も深い記録は,太平洋のマリアナ海溝にあり,1万0920mにも達する。一般に海面から約200mの深さまでは陸地の延長とみられ,大陸棚と呼ばれる(図2)。…

【海底地形】より

…海洋プレートは中央海嶺とは反対側の縁辺で大陸プレートとぶつかりアセノスフェアの中へ沈み込んでいく。 ぶつかるプレート境界(サブダクション帯,沈み込み帯と呼ぶ)では深くて両側に急斜面をもつ細長い凹みである海溝が生じる。沈み込んだプレートはアセノスフェア深部で溶融し,ふたたびアセノスフェアになる。…

※「海溝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

海溝の関連キーワード日本海溝・千島海溝地震対策特別措置法ニューブリテン=ブーゲンビル海溝千島フィリピン海プレートサンタクルーズ海溝伊豆ペルー中央アメリカ海溝インドネシア海溝伊豆・小笠原海溝南ソロモン海溝西カロリン海溝ミンダナオ海溝太平洋プレートビーチャシ海溝フィリピン海海淵・海渕スンダ海溝琉球海溝大陸斜面

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海溝の関連情報