かいれい(読み)カイレイ

デジタル大辞泉「かいれい」の解説

かいれい

日本の海洋研究開発機構が所有する深海調査研究船。平成9年(1997)竣工。無人探査機「かいこう7000Ⅱ」の支援母船として調査を行う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「かいれい」の解説

【疥】かいれい

かゆい吹き出もの。〔礼記、月令〕(仲冬の月)春令を行へば、則ち蝗蟲敗を爲し、水泉咸(み)な竭(つ)き、に疥多し。

字通「疥」の項目を見る

【誡】かいれい

誡勉

字通「誡」の項目を見る

礼】かいれい

禳。

字通「」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android