コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南蹄類 なんているい

1件 の用語解説(南蹄類の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なんているい【南蹄類】

哺乳動物の分類群(目)Notoungulataで,第三紀の漸新世と中新世に南アメリカで繁栄していた絶滅有蹄類の1グループ。それより古い第三紀初期には,先祖型と思われるものがアジア北アメリカにもいたことが知られるが,その後,南アメリカ大陸に孤立して独自の進化をとげた。ギリシア語で南の風または南の地域をさすnotosと蹄をもつものという意味のラテン語ungulaとから名づけられた。耳の骨の構造に特徴があり,ネズミ大からゾウ大までさまざまのものがいたが,臼歯の形態はネズミに似ている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

南蹄類の関連キーワード動物学分類階級款項目節蠕形動物動物界哺乳動物毛流絶滅率一定の法則ボルデー現象黒田長礼

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone