コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有蹄類 ゆうているい ungulate

翻訳|ungulate

5件 の用語解説(有蹄類の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有蹄類
ゆうているい
ungulate

四肢の指の爪が蹄 (ひづめ) になっている哺乳類をさし,奇蹄類偶蹄類がこれに含まれる。地上性の草食動物で,歩行は,四肢の指先を地面につけて歩行する指行性である。一般に奇蹄類は第3指 (中指) を中心に体重がかかり,指数が1,3本という奇数になっており,ウマ,バク,サイの類がこれに含まれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゆうてい‐るい〔イウテイ‐〕【有×蹄類】

ひづめをもつ哺乳類奇蹄類サイ偶蹄類シカなどのほか、ジュゴンなどがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうているい【有蹄類 ungulates】

ひづめ(蹄)をもつ草食獣とそれに近縁の哺乳類の総称。狭義には奇蹄類偶蹄類だけを指すが,広義には絶滅した踝節(かせつ)類から分かれ出たと推定される長鼻類ハイラックス類,カイギュウ(海牛)類,管歯類をも含める。管歯類以外はすべて植物食で,臼状の臼歯(きゆうし)をもつ。カイギュウ類を除けば前・後足のつま先で歩き,一般に四肢,とくにその下部が長く,走るのに適応している。一般に前・後足の指のうち,短くて地に着かないものは退化し,つめが靴状のひづめに変化したものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ゆうているい【有蹄類】

足の先に角質の蹄ひづめをもつ哺乳類の総称。代表的なものにウマ・カバなど奇蹄目とウシ・ブタなどの偶蹄目がある。いずれも大形の獣で、草食性のものが多い。このほか、管歯目(ツチブタ)・長鼻目(ゾウ・マンモスなど)・イワダヌキ目(ハイラックスなど)・海牛目(ジュゴン・マナティーなど)を含む。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有蹄類
ゆうているい
ungulates

ひづめをもった哺乳(ほにゅう)類の俗称で、奇蹄類と偶蹄類を含む。地上を走るのに適応した大形草食獣で、中手・中足骨が長く、第1指を欠き、臼歯(きゅうし)列が長い。古くは奇蹄類、偶蹄類のほか、原蹄上目に属する長鼻類、ハイラックス類、絶滅した顆節(かせつ)類、南蹄類などをも含めて有蹄目としたが、系統的には管歯類、海牛類、絶滅した束歯類、全歯類、クマイヌ類などをもこれに含める必要があるため、この分類は現在では用いられていない。[今泉吉典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有蹄類の関連キーワード奇蹄類偶蹄類新第三紀トムソンガゼル潮煙割れたひづめメリキップス岩手県紫波郡紫波町南日詰ひづめ(蹄)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone