印の竿(読み)しるしのさお

精選版 日本国語大辞典の解説

しるし【印】 の 竿(さお)

昔、北国で積雪の量をはかるために立てて置く竿。
※山家集(12C後)中「嶺渡しにしるしのさをや立てつらん木挽待ちつる越の名香山」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android