コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

危険の分担

保険基礎用語集の解説

危険の分担

危険の負担者を視点として危険の分散状態をとらえた場合に危険の分担という観念が生じます。同一の危険集団を構成しているそれぞれの危険の当事者は各自危険を分担していることになるし、ある共同保険の保険会社はそれぞれの引受額に応じて危険の分担をしていることになります。また、再保険取引を通じて元受保険会社と再保険会社間にも危険の分担が行われている、ということにもなります。

出典|みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android