厄落(と)し(読み)ヤクオトシ

デジタル大辞泉の解説

やく‐おとし【厄落(と)し】

[名](スル)
厄払(やくはら)い1」に同じ。
厄年を迎える人が、大みそかや節分の夜に、自分の年の数だけ包んだ銭や豆、または、ふんどしを道に捨てるなどの風習。
「さる大名の御―の金子四百三十両拾ひしより」〈浮・永代蔵・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の厄落(と)しの言及

【捨子】より

…記紀の創世神話にも伊弉諾(いざなき)尊・伊弉冉(いざなみ)尊二神の誤りの結果蛭子(ひるこ)が生まれて捨てられる記述があるが,かつては異常な出誕・成長が親や先祖の業報の表れと観念されたに違いなく,また子供をかりに捨てる際,赤い服を着せて箕(み)や桟俵(さんだわら)に乗せ捨てる方法は疫病送りの形式に類似している。つまり捨子とは,家の災いを取り除く一種の厄落しとしてその繁栄を保証する贖罪であったともいえる。こうした意識は現実の捨子にも潜在化していよう。…

※「厄落(と)し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android