コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厄年 やくどし

8件 の用語解説(厄年の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

厄年
やくどし

人の一生のうち,厄難が起るとして忌み慎まなければならないとする年齢。もと陰陽道の説に基づき,普通は男が 25歳,42歳,女が 19歳,33歳をいうが,そのほかに男は 61歳,77歳,88歳,女は 37歳などもあり一定しない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やく‐どし【厄年】

俗信で、災難や障りが身に降りかかるおそれが多いので、万事に気をつけなければならないとする年齢。多く、男の25歳・42歳、女の19歳・33歳をいい、特に、男の42歳と女の33歳は大厄(たいやく)とされる。本厄。
[補説]前後の年齢を前厄・後厄(あとやく)といい、これを合わせた3年間をさしてもいう。起源は陰陽道というが不詳。もともとは数え年を当てたものだが、現在では満年齢を当てることもある。
書名別項。→厄年

やくどし【厄年】[書名]

加能作次郎の小説。早稲田大学に在学中の明治44年(1911)、「ホトトギス」誌に発表。作家として認められるきっかけになった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

厄年【やくどし】

厄難の起こる年として忌み慎む年齢。厄回り,年忌とも。所により違うが,男の25,42,61歳,女の19,33,37歳は共通。特に男の42,女の33は大厄で,前厄,本厄,後厄と前後3年を慎む。
→関連項目年祝厄払い(民俗)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

とっさの日本語便利帳の解説

厄年

災難に遭うことが多いので、気をつけるべき年とされているのが厄年である。男は数え年の二五歳・四二歳・六一歳、女は一九歳・三三歳・六一歳とされる。この厄年は、一見すると年祝と正反対のもののように思えるが、必ずしもそうではない。というのは、奄美や沖縄などで、一三・二五・三七・四九・六一・七三・八五といった年齢(十二支が巡った年齢)を年祝としている所があるのに対して、本土ではそのうち一三・二五・三七・六一を厄年とする地方があるからである。しかも、厄年に行われる儀礼と、年祝に行われる儀礼との間にそれほどの差がない。したがって、年祝も厄年も同質の行事と考えることが可能である。また、そもそも厄年は本来的には「役年」であって、男性の場合は、二五歳や四二歳で地域共同体の重要な役目についた。そして六一歳は一切の役目から退く年である。それは祝うべきことでもあるが、同時に身を慎むべきことでもある。その意味では、厄年ではなく役年と考えたほうが、説明がつきそうである。なお、前年を前厄、翌年をはね厄という。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本文化いろは事典の解説

厄年

災厄に遭いやすく、忌み慎まなければならないと言われる年のことです。厄年は数え年で数え、一般的に男は25、41、42、43、61歳、女は19、32、33、34、37歳です。陰陽道の説に由来し、近世に入り定着したと言われています。

出典|シナジーマーティング(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

やくどし【厄年】

災難に遭うことが多いので気をつけるべきだといわれる年。男は数え年の二五・四二・六一歳、女は一九・三三・三七歳などとされる。陰陽道おんようどうで説かれたものという。厄。
災厄の多い年。年忌み。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

厄年
やくどし

厄難にあうおそれが多いと信じて、1年間忌み慎む年齢。陰陽道(おんみょうどう)の説によるもので、男子は25歳、42歳、61歳、女子は19歳、33歳、61歳という。各地の民間伝承によると、かならずしも陰陽家の説とは一致せず、さまざまな年齢がある。厄年の「やく」は厄難の「やく」ではなく、一種の神祭りをする神役の「やく」で、そのため物忌みをする年齢であるという説もあるが、他方、生命力が疲弊し、衰弱する年ごろであるゆえに、病魔などの悪霊に魅入られぬよう忌み慎む年であるという説もある。その年齢も、南西諸島の生年の祝いのように、十二支の一巡を基本にして、生まれ年の干支(えと)の年に盛大な祝いをする所もある。あるいは語呂(ごろ)から33歳(散々)、42歳(死)、49歳(死苦)など漢字をあわせてその年を忌む風もある。東北地方には、2、4、6、8歳と、幼児期の偶数の年を厄年として、生命の危機を伝えて、無事通過することを願う所もある。沖縄の宮古島では男子は16歳になるとヤフネガイ(厄願い)といって、一人前になり、御嶽(ウタキ)の帰属を決めた所があるが、これも一種の厄年であった。
 厄年には、年の初めに厄除(よ)けの祈願をしたり、節分の夜に自分の年の数だけの豆を捨てて、厄年を避けようとする習俗がある。あるいは女性は鱗(うろこ)模様の衣類を身に着けるものだといって三角形の連続模様の着物や、帯をつくることもあった。鱗模様は蛇や蝶(ちょう)を連想して脱皮を表し、再生を意味するもので、厄年が生命力の再生の年であったと信じていたのであろう。厄年の習俗は、時代により、地域によりさまざまに変化しているが、いまも消滅しないのは、その根底に、人間の生命力には起伏のあることを人々が認めているからであろう。[鎌田久子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の厄年の言及

【数】より

…【勝村 哲也】
【日本における数の民俗】
 陰陽思想では奇数を陽数として尊び偶数を陰数としてきらうが,日本にも8世紀初めの記紀編纂(へんさん)のころにはこの大陸風の考え方が伝わっていたらしい。この考え方は今日では贈答品に4,6,8など偶数をきらい奇数を喜ぶ風習として定着しているが,一方,厄年などはむしろ奇数が多く,一概に論ずることはむずかしい。古代日本の場合,記紀神話の中では中国の易で少陽や老陽としてもっとも尊ばれた7や9はさほど重視されておらず,むしろ10以下ではこのほかの数,とりわけ8が聖数とされていた。…

【年祝】より

…つまり以上の〈長寿の祝い〉が年祝の典型である。しかし年祝の年齢はこれのみに限らず,しかもいわゆる厄年とも密接かつ微妙な関係にある。それというのも,奄美や沖縄などの南西諸島のように13,25,37,49,61,73,85といった十二支が巡った年齢をもって年祝を行うところがあるのに対し,本土ではこのうちの13,25,37,61の各年齢を厄年としている地方があるからである。…

【年男】より

…西日本で年男の役を女性が演ずる点については,十分に説明がなされていないが,家長の公的権威が家の内部に拡大されて,本来は女性の任務であった家の神の祭祀を男性がつかさどるようになったとする説が有力である。神社や寺院では,厄年(やくどし)にあたる者を年男,年女(としおんな)と呼んで行事に参加させているが,正月行事に厄年の者が特定の役割をはたす民俗は各地にある。【坪井 洋文】。…

【取越正月】より

…これと心意を同じくするものは現行の民俗にも多く,例えば,年内に不幸のあった家で12月巳の日などに餅を搗いて墓前で食べるという四国地方の仏の正月(巳正月(みしようがつ),辰巳正月(たつみしようがつ)ともいう)は,亡者と最後の食別れをして旧年を脱し,清らかになって新春を迎えようとするものと思われる。また,厄年の者が2月1日に簡単な正月の設けをして年重ねの儀礼を行うことは各地にあるが,厄のついた旧年から早く逃れようとする心意からきている。同齢者の死に際し,餅などを用意して耳ふさぎの呪法を行うこともまた,正月食品の餅を用いることで一つ年を重ねたことを意味し,死者とはすでに同齢でなくなったことを示そうとしたものであろう。…

【厄】より

…人間の生命や生活の健全と安定をそこなう要因になると考えられている災難・障害に関する心意現象をいう。時間の次元では厄日,厄月,厄年があり,空間的には厄の生ずるという場所があるが,厄をもたらすという神も考えられており,それらを避けるための呪的方法が多く生み出されている。 厄日には暦にもとづく陰陽道によるものが多く,外出を忌む坎日(かんにち),葬式を忌む友引(ともびき),家屋の建築や旅立ちを忌む三隣亡(さんりんぼう),種まきや植樹を忌む不熟日(ふじゆくにち)・地火(じか)の日などがよく知られているが,二百十日とか二百二十日を厄日とする所も多い。…

※「厄年」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

厄年の関連キーワード厄日跡をつける奇禍気を付ける災禍賊難目に遭う目を付ける闇討ち輪禍

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

厄年の関連情報