コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厚見王 あつみおう

1件 の用語解説(厚見王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

厚見王 あつみおう

?-? 奈良時代の官吏。
天平勝宝(てんぴょうしょうほう)6年(754)太皇太后藤原宮子の葬儀の御装束司(みそうぞくし)となる。7年伊勢(いせ)大神宮奉幣使(ほうへいし)となった。「万葉集」に久米女郎(くめの-いらつめ)とのあいだの相聞歌(そうもんか)がみえる。
【格言など】蝦(かはづ)鳴く神名火(かむなび)川に影見えて今か咲くらむ山吹の花(「万葉集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

厚見王の関連キーワード天平勝宝阿刀酒主安努広島小治田諸人巨勢古麻呂佐伯毛人佐伯大成多治比鷹主多治比家主御方大野

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone