コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原始惑星 ゲンシワクセイ

デジタル大辞泉の解説

げんし‐わくせい【原始惑星】

原始惑星系円盤の中で形成される惑星の前段階にあたる天体。直径10キロメートル程度の微惑星が衝突や合体を繰り返し、月程度の大きさになったものを指す。この原始惑星を核としてさらに周囲の微惑星が集まり、惑星へと成長すると考えられている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんしわくせい【原始惑星】

太陽系の誕生期において、微惑星どうしが衝突・合体して、星間ガスを引き寄せられる程度(ほぼ月の質量)に成長した天体。 → 原始太陽

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

原始惑星の関連キーワードマグマオーシャン恒星コロナグラフ原始太陽系円盤星間メーザーオールトの雲牡牛座T型星太陽系の起源乱流渦動説木星型惑星地球型惑星原始太陽系原始太陽浮遊惑星コーマンヒル圏明り

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android