コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原始銀河 ゲンシギンガ

デジタル大辞泉の解説

げんし‐ぎんが【原始銀河】

形成の初期段階にある銀河。ビッグバン後の宇宙の初期において、ガスなどの密度の高い領域が自己重力で収縮し、星形成が始まったばかりの銀河を指す。大量の大質量星が短期間に誕生し、非常に明るく輝いていると考えられている。観測面からは、ビッグバンからおよそ数億年以内に形成された非常に遠方の原始銀河が見つかっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

原始銀河の関連キーワードアルマ望遠鏡銀河形成銀河進化天体磁場家正則星団明り

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android