原子力エネルギー教育支援事業交付金(読み)ゲンシリョクエネルギーキョウイクシエンジギョウコウフキン

デジタル大辞泉の解説

げんしりょくエネルギーきょういくしえんじぎょう‐こうふきん〔ゲンシリヨク‐ケウイクシヱンジゲフカウフキン〕【原子力・エネルギー教育支援事業交付金】

原子力推進を目的とする学校教育を支援するために、電源開発促進税原資として、国が自治体交付する交付金。平成14年(2002)に創設

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

原子力・エネルギー教育支援事業交付金

電気料金に上乗せされる電源開発促進税を原資に、2002年度に設けられた。原子力を含めたエネルギー教育の教材購入に使うケースが多く、11年度は30府県に2億7千万円を交付。12年度は3億1千万円の交付を予定している。

(2012-03-21 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android