コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子力安全協定 ゲンシリョクアンゼンキョウテイ

2件 の用語解説(原子力安全協定の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げんしりょく‐あんぜんきょうてい〔‐アンゼンケフテイ〕【原子力安全協定】

原子力発電所などの原子力施設が立地する地方公共団体が、住民の安全を確保するために、原子力事業者と結ぶ協定。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

原子力安全協定

東海第二原発の周辺住民の健康や生活環境を守るために、県、東海村、日立、常陸太田、那珂、ひたちなかの4市が、原電との間で安全確保に関する取り決めを定めたもの。強制力はないが、施設の増設などをするときに、原電は「事前に県と村の了解を得る」との一文がある。市村長側は水戸市を加えたうえで、周辺5市を東海村と同等の扱いにするよう求めている。

(2017-02-09 朝日新聞 朝刊 茨城・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原子力安全協定の関連情報