(読み)ヘタ

  • ×厴

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 腹足類の殻口を閉じる板状構造物。後足上面につき、軟体部を貝殻内に引っこめた時に殻口を閉じる役をする。有機性の薄いものと貝殻状の厚いものとがある。形は多旋型・同心円型・葉状型・偏心型などいろいろあり、系統的に変化している。また、スイショウガイのものは爪状にとがり、これを地面に引っかけて跳躍する。蓋(ふた)。〔和漢三才図会(1712)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android