コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貝殻状 かいがらじょうconchoidal

翻訳|conchoidal

岩石学辞典の解説

貝殻状

貝殻の形状をもち,岩石および鉱物の凸または凹の模様をもつものに用いられる.黒曜岩やフリントなどの堅い緻密な岩石や鉱物を槌で割った場合の破面の形状に貝殻状断口(conchoidal fracture)が見られる[Hatch : 1888].ラテン語のconchaは貝殻の意味.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

貝殻状の関連キーワードマンネンハリタケ(万年針茸)ケイクジャク石(珪孔雀石)センウラン鉱(閃ウラン鉱)ベッコウタケ(鼈甲茸)水蝋樹蝋虫・水蠟樹蠟虫カイガラタケ(貝殻茸)ゲリトコリナイト炭ウミホタル(海蛍)ダーウィン結節ホウ砂(硼砂)サマルスキー石メノウ(瑪瑙)カスタネットアルバート鉱フリント粘土ヴィトレインリューサイトパーライトマンジャクトルバン岩

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貝殻状の関連情報