コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参り マイリ

デジタル大辞泉の解説

まいり〔まゐり〕【参り】

社寺に参詣すること。また、その人。「宮参り」「百度参り
行くことの意の謙譲語。参上すること。特に、宮中へ行くこと。参内。
「まれまれの御―なれば」〈真木柱

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まいり【参り】

〔動詞「まいる(参)」の連用形から〕
神社・仏閣に参拝すること。 「伊勢-」 「お礼-」
「行くこと」の謙譲語。参上すること。 「年月の勘事こうじなりとも、今日の-には許されなむ/蜻蛉
特に、宮中に行くこと。参内。 「此の頃は時々御宿直とのいとて-などしたまひつつ/源氏 宿木
(食べ物などを)召し上がること。 「車とめて、湯-などし給ふ/源氏 手習

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

参りの関連キーワード御岳参り・御嶽参り鼻衝き・鼻突き朝事・朝勤打ち付け心掻き籠もる丑の刻参り差し越ゆ勝鬘参り数知らず山上参り百度参り誰やの者思ふ思ふ百日詣で四国巡礼鞍馬詣で言付け多度津夜交ぜ寄せ事

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

参りの関連情報