コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真木柱/槙柱 マキバシラ

デジタル大辞泉の解説

まき‐ばしら【真木柱/×槙柱】

[名]檜(ひのき)や杉で作った柱。
「―作る杣人(そまびと)いささめに仮廬(かりほ)のためと作りけめやも」〈・一三五五〉
(真木柱)源氏物語第31巻の巻名。鬚黒(ひげくろ)大将が玉鬘を愛人としたために起こる家庭内の紛争を描く。また、鬚黒大将の娘の名。
[枕]真木柱は太いものであるところから、「太し」にかかる。
「―太き心はありしかどこの我(あ)が心鎮(しづ)めかねつも」〈・一九〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

真木柱/槙柱の関連キーワード聞き漏らす・聞漏らす燻べ顔・燻顔乱れ言・漫言聞き明らむ言う由無し神業・神事念じ余る思ひ直る継子傅き三つ瀬川惚け痴る太高敷く書き遣る玉鬘十帖恥ぢしむ袖の氷麻呂等然る者面置く言付け

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android