参内(読み)さんだい

精選版 日本国語大辞典「参内」の解説

さん‐だい【参内】

〘名〙
① (━する) 宮中、朝廷へ出仕すること。内裏に参上すること。さんない。
※貞信公記‐抄・延喜一〇年(910)四月一二日「依召参内」
※天草本伊曾保(1593)イソポの生涯の事「イソポ フタタビ シセイデ ソセイ ツカマツリ、sandai(サンダイ) イタスハ フシギヂャ」
※歌舞伎・名歌徳三舛玉垣(1801)三立「下の方には蛸の入道浄海、鯰坊主(なまずぼうず)に而(て)、朱の参内を惟喬にさしかけて居る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報