参内(読み)さんだい

精選版 日本国語大辞典 「参内」の意味・読み・例文・類語

さん‐だい【参内】

〘名〙
① (━する) 宮中朝廷へ出仕すること。内裏に参上すること。さんない。
貞信公記‐抄・延喜一〇年(910)四月一二日「依召参内」
※天草本伊曾保(1593)イソポの生涯の事「イソポ フタタビ シセイデ ソセイ ツカマツリ、sandai(サンダイ) イタスハ フシギヂャ」
※歌舞伎・名歌徳三舛玉垣(1801)三立「下の方には蛸の入道浄海、鯰坊主(なまずぼうず)に而(て)、朱の参内を惟喬にさしかけて居る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「参内」の意味・読み・例文・類語

さん‐だい【参内】

[名](スル)
宮中に参上すること。参朝
参内傘」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

脂質異常症治療薬

血液中の脂質(トリグリセリド、コレステロールなど)濃度が基準値の範囲内にない状態(脂質異常症)に対し用いられる薬剤。スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、PCSK9阻害薬、MTP阻害薬、レジン(陰...

脂質異常症治療薬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android