コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

又右衛門 またえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

又右衛門 またえもん

?-? 江戸時代中期の根付(ねつけ)師。
紀伊(きい)の人。稲葉通竜(つうりゅう)が天明元年(1781)に刊行した工人名鑑「装劔奇賞」にその名がみえ,彫師のわからない上物は「紀州の又右衛門でもあろう」といわれるほどの上手であった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

又右衛門の関連キーワード尼崎屋又右衛門(初代)大和山甚左衛門(2代)山村与助(初代)伊賀越道中双六鴻池善右衛門寺島藤右衛門荒木又右衛門め組の辰五郎紀州又右衛門尼崎又右衛門柳久保小麦伊賀の水月宮和田光胤天神真楊流山根武兵衛琴樹園二喜武隈庵双樹尼崎又次郎八木又作竹村尚規

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

又右衛門の関連情報