上物(読み)ウワモノ

大辞林 第三版の解説

うわもの【上物】

不動産売買で、土地の上にある建造物。
水中の上層にいる魚。ソウダガツオ・シイラ・ボラなど。

じょうもの【上物】

上等の品物。 「 -を仕入れる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あげ‐もの【上物】

〘名〙
進物。献上品。神仏の供え物。〔日葡辞書(1603‐04)〕
浄瑠璃神霊矢口渡(1770)二「けふは勝ち軍の祝儀迚(とて)、心の付いた上げ物」
② 取り上げた。奪った品。
洒落本寸南破良意(1775)一座「『深川へ行た時、大引で上げて来たのさ』『上けものかへ、油断のならねへ』」
③ 刀剣製作上の用語。とぎの一通り済んだ場合をいう。

うわ‐もの うは‥【上物】

〘名〙 不動産関係の用語で、土地の上にある家屋ビルなどの建築物

じょう‐もつ ジャウ‥【上物】

〘名〙
① 神仏に供える品。社寺に寄進する品物。あがりもの。
※権記‐寛弘八年(1011)七月八日「権律師尋円等、奉荼毗、此間焼上物於外垣外艮方

じょう‐もの ジャウ‥【上物】

〘名〙 上等のもの。上製の品物。また、すぐれた者。美人。じょうもつ。
※浮世草子・好色一代男(1682)六「女郎は、うは気らしく見えて心のかしこきが上物と」
※浄瑠璃・心中刃は氷の朔日(1709)上「上物は皆出来たが、急な細工がつかへて、中から下の並物が揃いにくゐ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上物の関連情報