コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

叉状研歯 さじょうけんし

1件 の用語解説(叉状研歯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

叉状研歯
さじょうけんし

縄文時代における歯牙変工の一種。晩期にみられる。上顎の切歯に,縦に1,2本の溝を彫り込む方法で,そのため歯の先が2,3叉になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の叉状研歯の言及

【抜歯】より

…ところが愛知県の吉胡貝塚などでは,その割合は男女ほぼ同数である。そして,貝製の腕飾や鹿角製の腰飾を着装したり,上顎の切歯4本に刻み目(叉状研歯)をいれた人物は,切歯を抜いた者に集中している。縄文時代に,集団構成員を二分する原理としては,しかもそれらが成年式をすでに終えたものであれば,血縁関係の有無以外に考えにくい。…

※「叉状研歯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

叉状研歯の関連キーワード歯牙変工縄文時代身体変工抜歯縄文人牙斧岩田遺跡千葉県市川市堀之内久保泉丸山遺跡寺地遺跡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone