友枝高彦(読み)ともえだ たかひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「友枝高彦」の解説

友枝高彦 ともえだ-たかひこ

1876-1957 大正-昭和時代の倫理学者。
明治9年11月4日生まれ。欧米留学後,東京高師,東京文理大の教授をつとめる。この間,東京帝大助教授,日本女子大教授を兼任。昭和30年都留短大初代学長となった。昭和32年7月7日死去。80歳。福岡県出身。東京帝大卒。訳書ティリー「倫理学概論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android