双口土器(読み)そうこうどき

大辞林 第三版の解説

そうこうどき【双口土器】

一つの胴に二つの口をつけた、縄文時代の異形土器の一種。小形のものが多く、液体容器とされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる