コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双尾類 そうびるい

2件 の用語解説(双尾類の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

双尾類
そうびるい

コムシ類」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

双尾類
そうびるい

無翅(むし)亜綱に属する昆虫の一目Dipluraの総称。ナガコムシ類とハサミコムシ類が含まれる。世界各地に広く分布しており、およそ400種が知られているが、日本からは十数種が記録されているにすぎない。普通は3~10ミリメートルぐらいの細長い小虫であるが、なかにはチベット産のHeterojapyx souleiのように体長5センチメートルに達するものもある。外皮は白っぽく、体は細長くて平たく、目が消失しており、尾端に1対の尾角がある。一般に光を嫌い、石下、落葉下、地中などにすんでいる。ナガコムシ科Campodeidaeは長細い多節の尾角をもち、日本産はイシイナガコムシ、ウロコナガコムシなど日陰の湿地にみられる。ニセハサミコムシ科Projapygidaeは尾角が太く短くて数節ある。ハサミコムシ科Japygidaeは尾角がハサミムシ類のように、はさみ状に変化しており、日本にはヤマトハサミコムシなどがおり、石の下などに発見される。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の双尾類の言及

【コムシ】より

…腹部は10節,その末端には第11腹節の変形した1対の尾状付属物がついている。このため,双尾類または倍尾類とも呼ばれる。ナガコムシ類では多節で長い糸状,ハサミコムシ類では単節で堅く,赤褐色のはさみ状になっている。…

※「双尾類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone