コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

むし むし

大辞林 第三版の解説

むし

( 終助 )
〔「もうし(申し)」の転。近世東国語〕
文末に用いて、念を押したり強調したりする。 「いやはや、とつぴやうしもねえこんだあ-/洒落本・辰巳之園」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

むしの関連キーワード虫噛め歯・虫嚙め歯御膳蒸し・御膳蒸水蝋蝋硬貝殻虫虫の垂れ衣・帔バルビートアイアントコロトックアゲハント虫を起こすフォレトスクヌギダマアゴジムシ枲の垂れ衣屁っ放り虫藤野広虫渦虫類洒落本法均尼白癬菌蒸し碗

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

むしの関連情報