コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石下 いしげ

2件 の用語解説(石下の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石下
いしげ

茨城県南西部,常総市北部の旧町域。鬼怒川沿岸にある。東はつくば市に接する。 1897年町制。 1954年豊田村,岡田村,飯沼村の3村と玉村の一部を編入。 2006年水海道市に編入,水海道市は常総市に改称した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石下
いしげ

茨城県南西部、結城(ゆうき)郡にあった旧町名(石下町(まち))。現在は常総(じょうそう)市の北部を占める地域。旧石下町は1897年(明治30)町制施行。1954年(昭和29)豊田、岡田、飯沼(いいぬま)の3村と玉村の一部を編入。2006年(平成18)水海道(みつかいどう)市に編入、同市は名称変更して常総市となった。旧町域は関東鉄道常総線が通じ、国道294号が走る。江戸時代の下総(しもうさ)国豊田郡本石下、新石下2村が基礎。中央を鬼怒(きぬ)川が流れ、東は小貝(こかい)川の低地。西は結城台地を経て飯沼川低地で、冬の季節風が強い。平安時代、平将門(まさかど)の本拠地豊田の館(やかた)があった。江戸時代は、江戸に通じる鬼怒川水運の河岸(かし)として発達した。明治30年代まで生産されていた縞木綿(しまもめん)は、その後、絹綿交織の「石下紬(つむぎ)」となり、機械化と工場制で発展、昭和30年代より純絹化した。将門公苑(こうえん)のほか、国生(こっしょう)には、小説『土』の長塚節(ながつかたかし)の生家(県指定文化財)がある。1921年(大正10)ころの自由教育運動は有名。[櫻井明俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石下の関連キーワード常総茨城県常総市大沢茨城県常総市岡田茨城県常総市沓掛茨城県常総市茨城県常総市新石下茨城県常総市大房茨城県常総市馬場茨城県常総市原茨城県常総市山口

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石下の関連情報