反クオーク(読み)ハンクオーク

デジタル大辞泉の解説

はん‐クオーク【反クオーク】

クオーク反粒子。クオークと質量・スピンは同じで、電荷は-1/3eまたは+2/3e。色荷(カラー)とよばれる三つの自由度については、対となるクオークがもつ赤・青・緑の色に対し、それぞれの余色をもつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android