コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色荷 シキカ

デジタル大辞泉の解説

しき‐か【色荷】

量子色力学において、クオーク間の相互作用を特徴づける量子数光の三原色との類似から赤・緑・青の色荷があり、反クオークとして三色の補色が対応するが、いずれも現実の色とは無関係。強い相互作用は色の間ではたらき、赤・緑・青の混色、または補色どうしの混色によって白色となるときに安定して存在する。カラーチャージ。→クオークの閉じ込め

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

色荷の関連キーワードcolour chargeクオークの閉込め

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android