コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反ドーピング ハンドーピング

1件 の用語解説(反ドーピングの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はん‐ドーピング【反ドーピング】

選手自身の健康を害する、フェアプレーの精神に反する、青少年に悪い影響を与える、スポーツの文化的価値を損ねるなどの理由から、ドーピングに反対すること。また、ドーピングを防止するための活動。アンチドーピング。→ドーピングコントロール
[補説]平成11年(1999)に世界アンチドーピング機構WADA)、平成13年(2001)には日本アンチドーピング機構JADA)がそれぞれ設立された。平成16年(2004)に世界ドーピング防止規定が発効された後も、オリンピックやプロスポーツ界などでドーピング違反が相次いだため、平成21年(2009)には規制が強化された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

反ドーピングの関連情報