反強磁性インバー合金(読み)はんきょうじせいインバーごうきん(英語表記)antiferromagnetic invar alloy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

反強磁性インバー合金
はんきょうじせいインバーごうきん
antiferromagnetic invar alloy

これまでのインバー合金はすべて強磁性体なので,残留磁化や磁歪 (じわい) などで実用上問題が生じるため,これを克服するために開発された合金。クロム基とマンガン基合金が知られる。クロム-鉄-マンガン合金,クロム-鉄-ルテニウム合金,マンガン-ゲルマニウム合金,マンガン-ゲルマニウム-金合金がある。マンガン-ゲルマニウム-銀合金とマンガン-ゲルマニウム-金合金は,5%程度の可鍛性があるが,それ以外のクロム基およびマンガン基合金はもろく,加工性に乏しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android