コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反強磁性インバー合金 はんきょうじせいインバーごうきんantiferromagnetic invar alloy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

反強磁性インバー合金
はんきょうじせいインバーごうきん
antiferromagnetic invar alloy

これまでのインバー合金はすべて強磁性体なので,残留磁化や磁歪 (じわい) などで実用上問題が生じるため,これを克服するために開発された合金。クロム基とマンガン基合金が知られる。クロム-鉄-マンガン合金,クロム-鉄-ルテニウム合金,マンガン-ゲルマニウム合金,マンガン-ゲルマニウム-金合金がある。マンガン-ゲルマニウム-銀合金とマンガン-ゲルマニウム-金合金は,5%程度の可鍛性があるが,それ以外のクロム基およびマンガン基合金はもろく,加工性に乏しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android