コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁歪 じわいmagnetostriction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁歪
じわい
magnetostriction

磁気ひずみともいう。強磁性体磁化したとき,その外形が変形する現象またはその変形。変形によるひずみの割合は非常にわずかで 10-5~10-6 程度である。その原因は,磁気モーメントをになうスピン間の相互作用のエネルギーがスピン間の距離の関数であるために,強磁性の発生とともに弾性エネルギーとの和が最小になるように結晶格子がゆがむためである。こうして磁区自発磁化の方向に 10-5~10-6 程度ひずむ。このように磁歪は磁気的な力と力学的な力との両者が結びついた現象であるため,力を相互に変換するのに利用されることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じ‐わい【磁×歪】

強磁性体が磁化すると、その大きさの100万分の1程度に変形をきたす現象。磁気ひずみ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

磁歪【じわい】

磁気ひずみとも。強磁性体磁化するとき現れるわずかな変形。同一物質でも結晶方向により伸びるときと縮むときがある。磁気飽和状態(磁場をそれ以上強くしても変化しない状態)で磁化方向に現れる単位長さ当りの伸縮は10(-/)5〜10(-/)6

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じわい【磁歪 magnetostriction】

磁気ひずみともいう。磁性体が磁化の方向によってわずかに形状を変える現象,またはその変形(ひずみ)をいう。強磁性体,フェリ磁性体で著しい。1842年,J.P.ジュールによって見いだされたとされている。単結晶の単一磁区での結晶変形が基本的な現象であるが,通常観測される磁歪は,磁区構造,さらには多結晶の効果も加わったものである。磁気と結晶変形の結合という意味で重要な現象で,磁区構造を定める要因の一つでもあり,磁歪を利用して電気振動と力学的振動間の電気音響変換を行って超音波を発生する磁歪振動子としての応用もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じわい【磁歪】

強磁性体を磁化するとき、わずかに変形する現象。または、その変形。磁気ひずみ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磁歪
じわい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

磁歪の関連キーワード反強磁性インバー合金日本科学史(年表)ヴィーデマン効果ギュイユマン効果電気機械結合係数川原田 政太郎リレー(電気)ヴィラーリ効果スヌークの法則ニッケル合金川原田政太郎磁気体積効果ジュール効果抜山 平一本多光太郎菊池 喜充長岡半太郎音響測深機超音波加工非晶質合金

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android