取引動機(読み)とりひきどうき(英語表記)transaction motive

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

取引動機
とりひきどうき
transaction motive

不確実な支払いに備える予備的動機,より有利な資産運用のための投機的動機とならんで,J.M.ケインズが指摘した貨幣保有の動機の一つ。発達した貨幣経済において財貨取引をするためには,取引額だけ一般的購買手段である貨幣を保有している必要がある。このような目的から貨幣を保有することを取引動機での貨幣保有と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android