口の端に掛ける(読み)クチノハニカケル

大辞林 第三版の解説

くちのはにかける【口の端に掛ける】

言葉のはしばしにのぼらせる。口に出して言う。
うわさする。話題にする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くち【口】 の 端(は)に掛(か)ける

言葉のはしばしに出して言う。話の種にする。うわさをする。口に掛ける。
※後撰(951‐953頃)雑二・一一七九・詞書「ある所に宮つかへし侍ける女の、あだ名たちけるがもとより、をのれが上はそこになんくちのはにかけていはるなる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android