口三味線に乗せる(読み)くちじゃみせんにのせる

精選版 日本国語大辞典「口三味線に乗せる」の解説

くちじゃみせん【口三味線】 に 乗(の)せる

ことば巧みに言いまぎらして欺こうとする。気をゆるさせてごまかす。口車に乗せる。くちざみせんに乗せる。
※浮世草子・傾城色三味線(1701)鄙「口三味線にのせて五十ぱいの、無心語り出す上るり太夫」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「口三味線に乗せる」の解説

口三味線(くちじゃみせん)に乗・せる

言葉巧みに言いくるめてだます。口車に乗せる。「悪徳業者の―・せられる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android